仕事の不安が解消できないと困っている方へおすすめの不安解消方法6ステップ【詳細手順解説】

アイキャッチ画像 仕事の不安

仕事に対して不安を感じていらっしゃる方、多いと思います。

 

何が不安かがわからない方も多いのではないでしょうか。

よくわからないけど、土日祝日も不安な気持ちで過ごしている方もいらっしゃるでしょう。

 

私も経験ありますが、「漠然とした不安な気持ちを抱えていて、どうすればいいかわからない」ときってあるんですよね。

 

本記事では、

 

  • どんなときに、仕事に対して抱きやすいのか?
  • そんなときどうすればよいのか?
  • そもそもどうすれば仕事の不安って解消されるのか?
  • どうしても仕事の不安を解消できないときにどうしらよいのか?

といった疑問に丁寧に回答していきます。

私は、会社人生20年の経験の中で、何度も挫折してきました。

 

途中で挫折したとしても、うまくいかなかったとしても、仕事から逃げることは難しいですよね。多くの方もそうだと思うんです。

 

そうじゃないと、仕事で不安な気持ちになったりしませんよね。辞められるんだったら。

 

ではどうしたらよいのでしょうか?

 

竹のようにしなやかなに、折れそうだけど折れない、そして何度でも立ち上がれるようにしていく必要があります。仕事は、順調に進むときもあれば、うまくいかなくなるときもあります。

ですから、うまくうまくいかないからといって気持ちが折れてしまうと、長い社会人人生を乗り切れません。そうかといって、強靭な精神力がいるかというと、そうではありません。

不安な気持ちを乗り越えるコツを知っていれば、いいだけです。

本記事でそのコツをつかんで、不安な気持ちを乗り越えてください!

それでは解説します。

スポンサーリンク



代表的な仕事の不安と対処方法

代表的な仕事の不安と対処方法

みなさん、どんなときに仕事に不安を感じますか?

漠然とした不安を抱えていて、自分が何に対して不安を感じているかわからない方もいらっしゃると思います。

ただ、漠然とした不安だと、どのように不安を解消すればよいかがわかないですよね。やみくもに対応しようとしても、不安は解消できません。

これから解説する内容を読み、自分がどのような不安を抱えているかを確認してください。

その上で、どのように不安に向き合えばよいか確認してみてください。

現在の仕事に対しての不安

現在の仕事に対しての主な不安は以下の3点です。

  • 求めれる仕事のレベルと自分のスキル・能力にギャップがある
  • 仕事にやりがいを持てない
  • 職場の人間関係に不安を感じている

求めれる仕事のレベルと自分のスキル・能力にギャップがある

1点目は、求めれる仕事のレベルと自分のスキル・能力にギャップがあるです。

特に、新入社員として入社したとき、転職したとき、異動した直後に、この不安を抱えることが多いと思います。また、環境変化がなくても、上司から荷が重い仕事を任せられることもあると思います。

 

求められる仕事に対して、十分な成果が発揮できないと自分の責任になってしまうのではと不安になりますよね。

 

このタイプの不安を抱えている方へのアドバイスは、上司からの期待値をコントロールをすることです。つまり、会社や上司から期待されているレベルを、自分のスキル・能力でできるレベルに合わせていくということです。

 

具体的な方法は、以下記事で解説していますので、ご確認ください。
上司からの期待にこたえられるか不安に感じたときの詳細解説

仕事にやりがいを持てない

2点目は、仕事にやりがいを持てないです。

仕事にやりがいを持てないとき、さまざまな要因が考えられます。

例えば、仕事内容がつまらないとか、報酬に不満があるとか、がんばっているのに評価されないとかですね。それぞれの状況にあった、対策方法があるんです。

 

具体的な方法は、以下記事で解説していますので、ご確認ください。
仕事でモチベーションが上がらないときの10の理由と対策方法【徹底解説】

職場の人間関係に不安を感じている

3点目は、職場の人間関係に不安を感じているです。

不安を感じる要因として一番大きいのは、人間関係だと思います。

なぜなら、怒られたり、批判されたりすることは、人間にとって大きな苦痛だからです。

 

職場で、上司から怒られるかもしれない、同僚や部下にバカにされるかもしれない、と思っていたら職場に行くのもいやになりますよね。

 

人間関係がいやだと、本来のパフォーマンスを発揮しにくくなってしまう可能性があります。結果、仕事で成果が出せなくて、ますます怒られる、という悪循環にはまってしまうリスクがあります。

実は、この悪循環のループにはまらないための対策方法があります。

 

具体的な方法は、以下記事で解説していますので、ご確認ください。
仕事で人間関係がつらいときの状況別対策のまとめ11選【つらい人間関係から卒業しましょう!】

将来の仕事に対しての不安

次に、将来の仕事に対しての不安について解説します。

将来の仕事に対しての主な不安は以下の3点です。

  • 今の職場にいると自分が成長できないかもしれないという不安
  • キャリアの方向性が今のままでよいのかという不安
  • 会社の将来性がないのではという不安

今の職場にいると自分が成長できないかもしれないという不安

1点目は、今の職場にいると自分が成長できないかもしれないという不安です。

仕事に対して、真剣に取り組んでいる方でしたら、自分が成長できる環境にいたいと思いますよね。特に若い方にとって、自分が成長できる環境にいることは重要です。

自分が成長することによって得られるメリットは計り知れないです。

例えば、以下のようなメリットがあります。

  • 周りからの信頼度が上がる
  • できることが増え、自分が好きな仕事を選ぶことができるようになる
  • 周囲の人に与える影響が大きくなり、仕事のやりがいが増える
  • 仕事の成果が評価され、昇進・昇格につながっていく

 

逆に言うと、成長できないと、このメリットを享受できなくなるということです。

このタイプの不安を抱えている場合の選択肢は2つです。

1つは、今の職場で、難易度の高い仕事にチャレンジする
2つは、異動または転職し、自分が成長できる環境に移る

今の職場で、難易度の高い仕事にチャレンジができない状況でしたら、環境を変えることをおすすめします。

 

環境を変えるための具体的な方法は、以下記事で解説していますので、ご確認ください。
転職するか迷っているときにどうすればよいかを教えてます!

キャリアの方向性が今のままでよいのかという不安

2点目は、キャリアの方向性が今のままでよいのかという不安です。

若いころは、会社でできることと、自分がやりたいことのギャップを気になり、キャリアの方向性があっているか不安に思うことも多いと思います。

 

でも待ってください!

 

最初に仕事でやりたいことがあって、その通りのキャリアを進みたいと思う方がいらっしゃると思いますが、その考え方は危険です。

キャリアは、自分が思ったようにを進むことができないからです。また、自分が仕事でやりたいことを、把握できていない可能性もあります。

自分が進みたいキャリアに方針変更した方がよい場合もあります。自分が体験してみて納得した場合です。

例えば、あなたが学生だったとして、インターンシップで体験した仕事が気に入ったとか、他部署の仕事を経験して楽しかったとか、という体験です。

 

自分が好きな仕事を選択するよりも、自分が得意なこと/成果を発揮しやすい分野を選択した方がよいという考え方もあります。私は、こちらの考えが望ましいと考えています。

 

周囲の方からの信頼が上がることで、仕事の自由度が上がり、結果的に自分の好きな仕事を選択しやくなるからです。

 

自分のキャリアをどう考えるか迷っている方は、以下記事を確認ください。
自分のキャリアをどう設計すればよいかがわからないときのとっておきの方法

会社の将来性がないのではという不安

3点目は、会社の将来性がないのではという不安です。

会社がつぶれてしまうのではという不安ですね。この場合は、悩んでいてもしょうがないので、早々に転職に踏み切りましょう。

退職に不安があるという方は、退職代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

退職代行(たいしょくだいこう)とは、労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

 

退職したいことを、会社に伝えたときに、引き留められやめづらくなってしまうこともありますよね。

 

そのようなときに、法律のプロである弁護士に退職を代行してもらうことで、トラブルなく、法的に問題なく、会社をやめられます。

35歳未満の方におすすめの退職代行サービスのNEXT

弁護士が対応できる範囲は「雇用契約の解除」行為となり、法律上の動きとなりますので、それらにまつわる未払い残業代、有給取得を含む給与等の請求についてもスムーズに行うことが可能です。

また、弁護士が受任することによって後に響かない退職が可能です。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

代行費用をおさえたいときにおすすめの退職代行ガーディアン

東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合です。

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能としてます。

【退職代行ガーディアン】

スポンサーリンク




仕事の不安を解消するおすすめの6ステップ

仕事の不安を解消するおすすめの6ステップ

次に、仕事の不安を解消するおすすめの6ステップを紹介します。

代表的な仕事の不安と対処方法で、おおよその対応方針は説明しました。ただ、全ての仕事の不安に対して対処できるわけではありません。

ここで紹介する方法は、どんな不安に対しても有効な不安解消方法です。

代表的な仕事の不安と対処方法で、不安解消方法の方針を理解した上で、この6ステップを実行してもらうとよいと思います。

ステップ①仕事で不安に思っていることを明確にする

仕事で不安に思っていることを明確にするには、不安を感じている原因を深堀します。原因がわからないと、不安の解消方法を考えにくいからです。

具体例を出します。

「明日、顧客との打ち合わせがあるが、資料を説明したときに怒られそう」

という不安を感じていたとします。これだけだと、どうしてよいかがわかりませんので、原因を深堀していきます。

 

仕事で不安に思っていること 明日、顧客との打ち合わせがあるが、資料を説明したときに怒られそう
なぜ? 顧客が期待していた納期までに商品の納品が難しいから
なぜ? 開発部門から、他の企業からの受注との兼ね合いもあり、希望納期に間に合わないと言われている

 

こうして、書き出してみると、何に対して不安な気持ちを抱いているのか、また、その原因が何なのかが、明確に認識できるようになります。

ステップ②最悪の事態となった場合に何が起こるかを書き出す

次に、最悪の事態となった場合に何が起こるかを書き出します。

最悪の場合に何が起きるかを想定しておくことで、最悪の場合でもここまでのことしか起こりえないのかと、心づもりができるようになるからです。

先程の例で考えてみます。

顧客に納期に間に合わないと言ったときに起こりえる反応しては、以下が想定されます。

 

  • どうしても間に合わせて欲しい
  • いつだったら納品できるのかと聞かれる
  • 納期に間に合わないんだったら、取引はしない

 

最悪の事態は、間に合わないんだったら、取引をやめると言われることですね。

 

このとき、どんなことが起きるでしょうか?

疑問 顧客との取引が停止すると、会社の売上が減って、会社としては困るだろうか?
確認結果 生産ラインが不足するほど、受注が来ており、売上が減って困ることはない
結論 最悪、取引停止と言われても困ることはない

ここまで、確認ができていれば、そこまで不安に思う必要はないですよね。

ステップ③最悪の事態を避けるために自分ができる方法を書き出す

とはいつつ、最悪の事態は避けておきたいです。

最悪の事態を避けるために、自分ができる方法を考えましょう。

先程の例で考えてみましょう。

顧客から取引停止と言われないようにするには、どんな方法があるでしょうか?

以下のような方法が考えられます。

 

No. 不安解消方法
1 納期が遅れる理由を説明できるように準備しておく
2 いつだったら納品可能かを確認しておく
3 代替品として提案できる商品がないかを確認しておく。またその商品を納品する場合の納期についても確認しておく

 

この3点を準備しておけば、顧客と取引停止となることは避けられるのではないでしょうか?

他社からも引き合いがたくさんあるということは、人気商品であることの証明にもなるのです。

顧客としても、多少納期が遅延したとしても、導入したいと前向きに考えていただける可能性はあるでしょう。

ステップ④不安解消方法を相談してみる

自分で考えてみた不安解消方法を他の人に相談してみましょう。

相談する人は、自分の相談したい人で大丈夫です。例えば、友人、家族、同僚、上司などどなたでもよいと思います。

とにかく自分が相談しやすい、話しやすいと思う方に相談してみましょう。

相談した方がよい理由は、以下2点です。

  • 説明することで、自分の考えが整理できるから
  • 相談することで、客観的なアドバイスを得られる可能性があるから

 

特に、1つめの理由が大きいですね。他人に説明することで、自分がどう思っているかがよりクリアになるんですよね。

相談自体することが難しい方もいらっしゃるかもしれません。その場合、このステップを飛ばしていただいても大丈夫です。

ステップ⑤不安解消方法を実践する

今まで考えてきた、不安解消方法を実践してください。

先程の例では、以下3点が不安解消方法でした。

  • 納期が遅れる理由を説明できるように準備しておく
  • いつだったら納品可能かを確認しておく
  • 代替品として提案できる商品がないかを確認しておく。またその商品を納品する場合の納期についても確認しておく

仕事の不安解消のポイントは、「行動に移す」ことです。

不安な気持ちを抱えたまま、考え続けるのは、精神的によくないです。行動に移せば、なんだたいしたことなかったじゃないかって思えることが多いです。

 

今までのステップで、仕事の不安を解消する方法は、わかっているはずです。あとは行動に移すのみです!

ステップ⑥不安解消方法を修正する

不安解消方法を実施した後は、必要に応じて、軌道修正をはかっていきましょう。

例えば、先程の例で挙げた、「代替品として提案できる商品がないかを確認しておく。またその商品を納品する場合の納期についても確認しておく」

について、確認した結果、代替品として提案できる商品がなかったとしましょう。

そのときに、どうするかですが、ここで、あきらめるのも一つの選択でしょう。

顧客の立場にたって、何がよいかを考えたとき、他社商品を紹介するというのも一つの手です。

他社商品を紹介するなんて、と思うかもしれません。

でも、顧客担当は、困っていることを解決できればよいのですから、どこの会社から納品してもらってもよいはずです。

しかも、他社商品を紹介してくれる会社なんて普通ないですから、顧客満足度はめちゃくちゃ上がるでしょう。取引停止なんて絶対になくなるはずです。

スポンサーリンク



どうしても仕事の不安を解消できないときの対応

どうしても仕事の不安を解消できないときの対応

今まで紹介してきた、「代表的な仕事の不安と対処方法」、「仕事の不安を解消するおすすめの6ステップ」を実施しても仕事の不安が解消できない方への対応です。

この場合は、社内で異動するか、転職するかのどちらかを実施してください。つまり職場環境を変えるということです。

社内で異動する

社内で異動するために、人事部、または、上司の上司など、人事権を持っている方に相談しましょう。会社としても、社員に辞められると損失になりますので、異動を真剣に考えてくれるでしょう。

特に、人間関係の不安を抱えている方は、特定の人に苦手意識を持っている場合も多いと思います。

異動することによって、人間関係はリセットされますので、人間関係の不安は解消される可能性は高いでしょう。

自分が追い詰められていると感じたら、早めに相談しましょう。一刻も早く、行動に移すことです。

転職を検討する

社内で異動が難しい場合は、転職を検討するしかありません。

ただ、転職の場合、給与が下がるリスクや、転職先で不慣れな仕事で不安な気持ちになるリスクもあります。人間関係の不安を抱えている場合は、不安は解消されるかもしれません。

ただ、その他要因の不安を抱えている場合は、転職することが不安解消方法につながらない場合もありますから、ご注意ください。慎重に判断しましょう。

スポンサーリンク




仕事の不安が解消できないと困っている方へおすすめの不安解消方法6ステップのまとめ

仕事の不安が解消できないと困っている方へおすすめの不安解消方法6ステップのまとめ

仕事の不安が解消できないと困っている方へおすすめの不安解消方法6ステップでは、以下3点を紹介しました。

  • 代表的な仕事の不安と対処方法
  • 仕事の不安を解消するおすすめの6ステップ
  • どうしても仕事の不安を解消できないときの対応

代表的な仕事の不安と対処方法

不安の対象が、今の仕事に対してなのか?将来の仕事に対してなのかによって、不安の内容が変わります。現在の仕事に対しての不安として、以下3点を紹介しました。

 

  • 求めれる仕事のレベルと自分のスキル・能力にギャップがある
  • 仕事にやりがいを持てない
  • 職場の人間関係に不安を感じている

 

将来の仕事に対して不安として、以下3点を紹介しました。

 

  • 今の職場にいると自分が成長できないかもしれないという不安
  • キャリアの方向性が今のままでよいのかという不安
  • 会社の将来性がないのではという不安

 

いずれも仕事に対して、真摯に向き合ているからこその不安だと思います。紹介した対策方法を参考に、先手を打っていきましょう。

仕事の不安を解消するおすすめの6ステップ

仕事の不安を解消するおすすめの6ステップは、下記の通りです。

  • ステップ①仕事で不安に思っていることを明確にする
  • ステップ②最悪の事態となった場合に何が起こるかを書き出す
  • ステップ③最悪の事態を避けるために自分ができる不安解消方法を書き出す
  • ステップ④不安解消方法について相談してみる
  • ステップ⑤不安解消方法を実践する
  • ステップ⑥不安解消方法を修正する

ポイントは、考えすぎないで、行動に移すことでした。行動に移すことで、不安は軽減されやすいということを覚えておいてください!

どうしても仕事の不安を解消できないときの対応

どうしても仕事の不安を解消できないときの対応は、環境を変えるための下記2点の対応となります。

  • 社内で異動する
  • 転職を検討する

特に人間関係の不安は、環境を変えることで改善できることも多いです。そして、環境を変えることで、見違えるように活躍される方もいます。

どうしても不安な気持ちがぬぐえない場合は、思い切って環境を変えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました